生活をハッピーに!

「生活をハッピーに!」は生活を楽しく豊かにおくって頂きたいと思いを込めてつくりました。 主に芸能ニュースを多く取り扱い情報発信してまいります。 ※「女優」「俳優」「アイドル」「芸人」「小ネタ」などのカテゴリーです 見て頂く方に楽しんで頂けるように日々頑張ってまいります。 ぜひ見てくださいね

    タグ:マツコ


    マツコ・デラックス(1972年〈昭和47年〉10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、ドラァグクイーン、女装タレント、司会者である。千葉県千葉市稲毛区出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。新聞のラテ欄やニュースサイトの見出し欄などでは、文字数制限の問題から「マツコDX」と表記されることがある。
    46キロバイト (5,556 語) - 2020年7月30日 (木) 17:40



    (出典 i.ytimg.com)


    マツコが猫を飼わない理由に共感の声 「こういう感覚大切、可愛いだけでは飼えない」


    こういう考え方は本当に大事

    1 muffin ★ :2020/08/01(土) 20:37:57.47 ID:CAP_USER9.net

    https://japan.techinsight.jp/2020/08/maki08010957.html
    2020.08.01

    マツコ・デラックスは自身が出演する宅急便のテレビCMで猫と暮らす光景が見られるものの、実際には猫を飼おうかどうしようかと迷っているようだ。
    7月31日放送のテレビ朝日系トークバラエティ番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』で有吉弘行と植物を育てたり動物を飼うことの難しさについて話すなか、マツコが猫を飼いたいけどなかなか踏み切れないという葛藤を明かした。

    7月25日に放送された『マツコ会議』(日本テレビ系)は、自宅では何よりも猫の動画を見ている時間が長いというマツコ・デラックスがYouTubeで猫の動画を配信する飼い主とリモートで交流してご機嫌だった。

    31日放送の『かりそめ天国』では有吉弘行と「植物を枯らしてしまうことはあるが、動物を飼って*せてしまい相性が合わなかったでは済まない」といった話をするなか、猫が飼いたいというマツコが「ひとりにさせちゃうわけじゃん」と切り出した。それがネックとなって飼うか飼わないか葛藤して、自分のなかで「最後の攻防」を繰り広げているという。

    「猫は1匹でも大丈夫だよ」と経験者は言うが、それでもマツコは仕事や用事で出かけて一日のうち十数時間も猫だけにさせてしまう状況を想像すると「私が帰ってから猫と1~2時間ちょろちょろっと遊んで寝るだけじゃん、そのために飼っていいのかって…」と自問していた。

    マツコは毎日のように動画を見るので育て方の知識はあり、自分でシミュレーションしてみると「アタシの生活には落ち度がありすぎて(飼えない)」となるのだが、「可愛さだけだったら、とっくに飼っている」というのだ。

    そんなマツコの思いに、Twitter上では視聴者から「こういう感覚はほんまに大切、可愛いだけでは飼えない」、「マツコさんすごいよ…自分が猫とか飼っちゃいけない理由とかちゃんと考えていらっしゃる」、「私も本当に猫を迎えたいけど、私に飼われる猫は不幸なのではと思うととても飼えない…」などの反響があった。

    またマツコが「多頭飼育崩壊」(ペットを多数飼育した飼い主が、不妊去勢手術をしないなど無秩序な飼い方をして飼育困難になること)に触れて「最初は可愛いからと飼って、じゃあアタシがそれを防げるかとなると“でもやっぱり”があるのよね」と懸念したところ、「マツコありがとう。あなたみたいに人気者で発言力がある人が、こういうことを言ってくれるのは嬉しいです。あとは、どうか保護猫のことを話してほしい」という声も寄せられた。

    全文はソースをご覧ください


    【命を大切にしていると感じる!マツコが猫を飼わない理由に共感の声!!】の続きを読む


    マツコ・デラックス(1972年〈昭和47年〉10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、ドラァグクイーン、女装タレント、司会者である。千葉県千葉市稲毛区出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。新聞のラテ欄やニュースサイトの見出し欄などでは、文字数制限の問題から「マツコDX」と表記されることがある。
    46キロバイト (5,556 語) - 2020年7月30日 (木) 17:40



    (出典 news.nifty.com)


    『月曜から夜ふかし』マツコの“イジり”が度を越えすぎ!? 「見てて悲しい」


    本当にやり過ぎです
    でも面白い

    1 jinjin ★ :2020/07/31(金) 23:43:14 ID:CAP_USER9.net

    『月曜から夜ふかし』マツコの“イジり”が度を越えすぎ!?「見てて悲しい」


    7月27日放送の『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)では、いつものようにマツコ・デラックスの毒舌が炸裂。しかし『関ジャニ∞』村上信五のファンは、ここにきてマツコの?村上イジり?に不快感を覚えているようだ。


    今回番組では、恒例の心理テストとして「8色占い」を実施。
    8色の中から「気になる色」を選ぶことで、その人の深層心理が分かるのだという。

    この「8色占い」で?ブルー?をチョイスした村上は、「完璧に仕事したい」という占い結果に。
    村上本人も納得しているようで、「当たってる」「常に思ってはいますよね、完璧に仕事したいなっていうのは」と語っていた。

    そんな村上に対してマツコからは、「お前腐れジャニーズなんだぞ。何カッコつけてんだお前」「お前は笑わせてナンボなんだよ」と辛辣なツッコミが。

    村上の方も若干?ツッコミ待ち?だったように思えるが、視聴者からは、

    《アイドルに向けて言う言葉じゃない》
    《さすがに?腐れジャニーズ?は言い過ぎ。見てて悲しくなる》
    《村上くんにも?アイドルとしての?ファンがいることを分かってほしい》
    《最近村上くんへの口調が暴力的すぎて、普通に不愉快》
    《村上くんが仕事熱心なのはマツコも知ってそうなに、こんな言い方しなくても》

    などの声が寄せられていた。


    マツコと村上の信頼関係が悪い方向に?

    番組が放送開始された2012年から数えると、約8年以上も続いている『月曜から夜ふかし』。
    番組MCを務める村上とマツコの関係もすっかり?老成?しているが、何故最近になってマツコの?村上イジり?が問題視されているのだろうか。


    「長い時間を経て遠慮の無い関係性になったからこそ、一般視聴者にとっては刺激が強すぎる会話が多くなっている印象です。例えば以前、渋谷すばるの『関ジャニ∞』脱退が話題になった時は、マツコが『むしろこの人(村上)が辞めるべきだった』と発言。そもそも村上が『俺は辞めないから!』と自虐気味にボケており、マツコはそれに乗っかっただけなのですが、村上ファンからは批判の声が相次いでいました」(芸能記者)


    アイドルの中でも芸人気質が際立っている村上だが、それでもやっぱり彼はジャニーズアイドル。
    マツコと村上の信頼関係は既に出来上がっているとは思うが、もう少し村上ファンのことも配慮した方が良さそうだ。

    https://myjitsu.jp/archives/126796


    【これはヤバ過ぎる!!マツコの“イジり”が度を越えすぎ】の続きを読む


    毒舌(どくぜつ)とは、他人に対して辛辣な言葉・悪口や厳しい皮肉のことを言うこと。毒舌を振るう者は毒舌家(どくぜつか)とも呼ばれる。 芸能人には、毒舌を売りにする者と、「毒舌」と世間から呼ばれる者とがいる。視聴者からは自分の思っていることを代弁してくれる存在として根強いファンが生まれる反面、批判された
    2キロバイト (323 語) - 2020年4月5日 (日) 10:57



    (出典 dot.asahi.com)


    有吉・マツコ・山里… 今の時代に “毒舌芸” はあり?なし?


    真面目に
    必要ですね

    言いたいこと伝えたいことはちゃんとね

    1 jinjin ★ :2020/07/05(日) 18:54:31 ID:etJ7Mgv89.net

    有吉・マツコ・山里… 今の時代に“毒舌芸”はあり?なし?

    5月23日、恋愛リアリティー番組「テラスハウス」(フジテレビ系、Netflix配信)に出演していた木村花さん(享年22)が自ら命を絶った。
    原因は明らかになっていないが、生前、彼女のSNSに誹謗中傷が集まっていたことから、同番組の制作手法や演出に対する非難の声が続出した。

    さらにその矛先は同番組のスタジオメンバーにも向けられた。
    矢面に立たされたのは芸人で南海キャンディーズの山里亮太(43)だ。TVウォッチャーの中村裕一さんはこう話す。


    「テラスハウスの住人はいわゆる“リア充”な人たち。スタジオメンバーの山里さんは、“非モテ”の代表として毒舌でときに彼らを批判し、視聴者の思いを代弁する役割をしていました。
    山里さんはその期待通りに“役”を演じていたに過ぎませんが、一部の視聴者は山里さんのいわゆる“毒舌芸”が木村さんを傷つけたと主張しているのです」

    そもそも毒舌芸とはなにか。
    辞書を引くと、「毒舌」とは「辛辣 (しんらつ) な悪口や皮肉を言うこと」とある。

    一方で「芸」で調べると、「学問や武術・伝統芸能などの、修練によって身につけた特別の技能・技術」(いずれもデジタル大辞泉より)と記されている。
    単純に二つの言葉を合わせると「悪口を言う特別な技術」ということになる。だが、毒舌芸の名手として知られる有吉弘行(46)やマツコ・デラックス(47)らは、辛辣なコメントで相手を批判するが、最終的には笑いを取ってその場を収める。
    どうやら「笑い」があるかどうかに「毒舌芸」を知るヒントがありそうだ。


    毒舌芸で知られた立川談志の弟子であり、落語家の最高位「真打」である立川談四楼さん(69)に解説してもらおう。

    「周りがなかなか言えない本音や不満を、問題にならないギリギリのラインで吐くというのが毒舌芸の本領。そこには『よくぞ言ってくれた!』という共感の笑いが生まれます。
    談志は生前、『本当の毒舌を吐いたらテレビ番組なんか一発で降ろされるぞ』と話していました。それだけリスクが大きいからこそ、毒舌が『芸』と呼べるレベルにまで鍛錬されていないと非難される。素人が真似しても、しらけたり、周りから嫌われるだけです」


    その毒舌芸には、これまで数々の先人たちが引き継いできた歴史があるという。1960年代以降では、上から目線の高慢な態度で「バカヤロー」とたびたび毒を吐いた大橋巨泉が有名だ。
    80年代には、過激な毒舌漫才で絶大な支持を集めたビートたけしも象徴的な存在だろう。

    最近では、毒を含んだ「あだ名芸」で再ブレークした有吉や、ケンカを止めに入った人に対して痛い一言を突き付けて笑いをとるお笑いコンビ「鬼越トマホーク」も毒舌の“新興勢力”として台頭してきている。

    彼らは先輩や権威ある立場の人などにも構わず毒を吐く。
    強い者に歯向かうことは危険な行為であり、だからこそ、そこに面白さが生まれるのだろう。

    「毒舌芸はもともとは権力や権威、強いものを風刺して、庶民の不満を笑いに変えるものだったと思います。いわば庶民の“ガス抜き”だったわけです」(談四楼さん)

    これは落語にも通じる部分がある。例えば落語の演目「目黒のさんま」だ。

    ある殿様が立ち寄った目黒で、焼いたさんまを食べる。普段は食すことのないさんまに魅了され、殿様は後日、食卓にさんまを出すよう家来に命じる。家来たちは「脂が身体に障る」と考え、さんまを蒸して脂を抜いた。
    さらに、「小骨が喉に刺さってはまずい」と考え、骨を全部取りだす。殿様は「まずい」と驚き、仕入れ先を聞くと、家来は「日本橋魚河岸」と答える。これに殿様が、「さんまは目黒に限る」と言った、という噺だ。


    無造作にさんまを焼けば美味だが、丁寧に調理したことでかえって味が悪くなったという滑稽さを描いている。締めの「さんまは目黒に限る」というのは、海のない目黒で捕った魚が美味だと断言する殿様が“いかに無知か”を揶揄したものだ。

    「落語は直接的な毒舌は吐きませんが、権力者が滑稽な姿で描かれている。つまり遠回しに権力をからかって笑いものにしているのです」(談四楼さん)

    今も昔も、人々のガス抜きの役割を担ってきた毒舌芸だが、そこには「毒を吐かれた相手すら救われる」という芸の境地がある。談四楼さんは続ける。


    全文はこちら
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e1f787bcf66f719ea63946bf10826d7b1df8269f?page=1


    【全然必要ですね!!有吉・マツコ・山里… 今の時代に “毒舌芸” はあり?なし?】の続きを読む


    本田 (ほんだ つばさ、1992年〈平成4年〉6月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、YouTuber、タレント。主な愛称はばっさー。東京都出身。スターダストプロモーション所属。 2006年に、当時の所属事務所であったスプラッシュから、それぞれ別々の7人によってスカウトされる。200
    47キロバイト (6,063 語) - 2020年6月3日 (水) 22:32



    (出典 entamega.com)


    本田翼のゲーム配信に感心「愛だけじゃ食べていけない」


    本当にそう思う
    すくなことをやっているけどそれだけではなく

    コツコツ努力している

    1 臼羅昆布 ★ :2020/06/06(土) 16:09:04 ID:RxhMce7S9.net

    2020年6月6日 08:00
    https://www.excite.co.jp/news/article/Oricon_2163863/

    女優の本田翼が、6日放送の『マツコ会議』に出演。
    ゲーム配信が話題で、YouTube登録者数は200万人を突破している本田の実態に、マツコ・デラックスが迫る。
    マツコは、番組冒頭から「アタシたちみたいに、テレビにすがって生きている人間は、これからどうするんだって。
     一人ひとりが、考えていかないといけない時代が来たのよ」と力説。「新しい時代の生き方を先生に聞いてみよう」
    と本田と中継を結んだ。
    “顔出し”なしのゲーム配信にもかかわらず、初配信から17日後には登録者が100万人を突破。
    2018年9月にチャンネルを開設し、昨年には1周年を記念して、さいたまスーパーアリーナでイベントを行うと、
    1万7000人ものファンが集まった。
    そんな本田がゲーム配信を始めたきっかけは、ゲーム機でプレイするゲームにはスマホゲームとは違った
    おもしろさがあることを伝えたいという思いだった。
    マツコは「ゲームが好きだっただけか、それとも自分の今後の人生のプランの中にゲームがあったのか」と
    本田に直球で質問。
    本田が「マツコさん、核心的なところついてくるなぁ」と答えると、マツコは「本田翼は、愛だけじゃ食べて
     いけないっていうことをわかっているわけですよ」と感心した様子で語る。
    マツコは続けて「いろんな人がYouTubeやってるけど、うまくやっている1人。ゲーム愛とビジネス、両方うまく
     バランス取れるからこそ、支持されていると思う。露骨な人もいるし、どっちかしかない人は、ここまでの
     登録数にはならないと思う」と本田のバランス感覚に注目。
    「こういう人が旗振り役になって、大きな産業を作っていくわけじゃない。事務所は感謝してると思うわよ」と分析した。


    (出典 imgc.eximg.jp)

    画像


    【マツコがコメント!本田翼のゲーム配信に感心「愛だけじゃ食べていけない」】の続きを読む


    有吉 弘行(ありよし ひろいき、1974年〈昭和49年〉5月31日 - )は日本のお笑いタレント、司会者。広島県安芸郡熊野町中溝出身。身長172cm。体重62kg。太田プロダクション所属。 1992年12月、当時高校に在学中だった有吉は『EXテレビ』(読売テレビ)の企画「公開弟子審査会」に合格し、
    62キロバイト (9,327 語) - 2020年6月5日 (金) 12:31



    (出典 dogatch.jp)


    有吉弘行、黒川氏の辞職に「何で賭け麻雀ってわかったの?」 マツコは「私らの方がまともに生きているわよ」


    本当にそう思う
    何で分かったのか気になる???

    1 jinjin ★ :2020/06/05(金) 23:37:53 ID:YE3qIQ7V9.net

    有吉弘行、黒川氏の辞職に「何で賭け麻雀ってわかったの?」マツコは「私らの方がまともに生きているわよ」


    お笑いタレントの有吉弘行(46)が5日放送のテレビ朝日「マツコ&有吉 かりそめ天国」(金曜後8・00)に出演、
    新聞記者らと賭け麻雀をして辞職した黒川弘務前東京高検検事長(63)に触れ、コメントする場面があった。

    有吉は「誰がどうしてどうやったの。何で賭け麻雀ってわかったの?」と問いかけ「我慢できなかったのかね、しかし。麻雀ってめっちゃやりたいのかな」と不思議がった。
    タレントのマツコ・デラックス(47)は「あの立場でやってた人たちなんて…私らの方がよっぽどまともに生きているわよ」とボヤいた。

    有吉は「あれで逮捕されないんだったら、みんなもうやり始めるよね」といい、1998年に都内の麻雀店で現行犯逮捕された漫画家でタレントの蛭子能収(72)の名前を挙げ、蛭子さんなんて『お上の許しが出たかって』って言うと思うよ」と笑わせた。


    また有吉は「昔、蛭子さんに総理大臣になって国を任せられたらどうしますか?」と聞いた際のエピソードを披露。
    「そしたら蛭子さん『すべてのギャンブルを許す!」』って言ったからね。チンチロリンから花札からなんでもOK。懲りないねアンタはって!」と笑いながら振り返った。


    https://news.yahoo.co.jp/articles/9b1e6cc29c9304660a3bb959dae1cb4997f131b3


    【正論でーーーーーーーーーす!有吉弘行、黒川氏の辞職に「何で賭け麻雀ってわかったの?」 マツコは「私らの方がまともに生きているわよ」】の続きを読む

    このページのトップヘ