生活をハッピーに!

「生活をハッピーに!」は生活を楽しく豊かにおくって頂きたいと思いを込めてつくりました。 主に芸能ニュースを多く取り扱い情報発信してまいります。 ※「女優」「俳優」「アイドル」「芸人」「小ネタ」などのカテゴリーです 見て頂く方に楽しんで頂けるように日々頑張ってまいります。 ぜひ見てくださいね

    タグ:コロナ禍


    窪塚 洋介(くぼづか ようすけ、1979年5月7日 - )は、日本の俳優、レゲエシンガー、ミュージック・ビデオ監督、カメラマン。神奈川県横須賀市出身。神奈川県立横須賀高等学校卒業。レゲエDeeJay(歌手)としては卍LINE名義、ミュージック・ビデオ監督としては空水名義で活動している。俳優としては
    39キロバイト (3,263 語) - 2020年7月31日 (金) 11:36



    (出典 eiga.k-img.com)


    窪塚洋介、コロナ禍でも“窪塚節”貫く「そんな暗くなるのやめましょうよ!」


    フムフムなるほどね!
    一流

    1 爆笑ゴリラ ★ :2020/07/24(金) 21:12:01.91

    7/24(金) 18:19
    オリコン

    窪塚洋介、コロナ禍でも“窪塚節”貫く「そんな暗くなるのやめましょうよ!」
    映画『破壊の日』の初日舞台あいさつに出席した窪塚洋介 (C)ORICON NewS inc.
     俳優の窪塚洋介が24日、都内で行われた映画『破壊の日』の初日舞台あいさつに出席。コロナ禍で暗くなる世の中のムードへ「そんな暗くなるのやめましょうよ!」と“窪塚節”で喝を入れた。

    【写真】渋川清彦、イッセー尾形、松田龍平らも登壇

     自粛期間中の約3ヶ月は「暇だった」という窪塚。今作のメガホンを取った豊田利晃監督から「何かを壊したいという怒りの気持ちを感じた」と語ると「俺は、何に怒ってるのかなと考えたら、今のムードというか、空気というか。これあんま言っちゃいけないのかな…。でも(言って)いっか。『そんな暗くなるのやめましょうよ!』って。自分の好きな映画だったり、音楽だったり。だって病は気からなんですもん。『そこを削ぐなよ!』というのを常々感じていました」と胸の内を語り尽くした。

     共演の松田龍平は「こういう時代で思うところもありますけど、こうやって呼んでもらえて本当にうれしかったし、すごく元気をもらいました」と笑顔を見せ「こうやって映画が公開できて、幸せです。ソーシャルディスタンスを続けていきたいと思います」と、マイペースに喜びをにじませていた。

     同映画は、7年前に炭鉱の奥深くで怪物が見つかった村が舞台。疫病のうわさが広がり疑心暗鬼に陥る人々と、生きたままミイラと化しこの世を救う“即身仏”になろうとする春野賢一の姿を描く。

     舞台あいさつにはそのほか、渋川清彦、マヒトゥ・ザ・ピーポー、イッセー尾形、長澤樹、大西信満、飯田団紅が出席。主演の渋川は「この不自由な世の中、本人が変なことと思ってなく言っても叩かれることがある。でも映画の中では、いろんなことが自由。楽しんでもらえたら幸いです」と呼びかけた。


    (出典 amd.c.yimg.jp)



    (出典 contents.oricon.co.jp)


    https://news.yahoo.co.jp/articles/bdf64789d1c0cb5412f0b6686ab76b638a1d862a


    【考え方は一流です!窪塚洋介、コロナ禍でも“窪塚節”貫く】の続きを読む


    尾木 直樹(おぎ なおき、1947年1月3日 - )は、日本の教育評論家、法政大学名誉教授、臨床教育研究所「虹」主宰。愛称は「尾木ママ」。 滋賀県坂田郡伊吹町(現:米原市)生まれ。高松第一高等学校を経て早稲田大学教育学部卒業後、高校・中学校教諭、東京大学教育学部非常勤講師などを歴任。教員生活22年
    38キロバイト (5,676 語) - 2020年5月9日 (土) 14:52



    (出典 dot.asahi.com)


    尾木ママが激怒!
    コロナ禍で学生困窮の報道受け「我が国だけですよ、学生がこんなにバイトしている国は」

    本当に学生!人思いの方ですね!
    素晴らしいと思う!

    日本の学生は色々な思いを抱えながら生活している人が多くいる

    1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/12(火) 20:56:13.24

    “尾木ママ”こと教育評論家の尾木直樹氏(73)が12日放送のニッポン放送「ザ・フォーカス」(火~木曜後6・00)にリモート出演し、政府の学生支援が海外より遅れていることを指摘する場面があった。

    尾木氏は、新型コロナウイルスの感染拡大の影響でアルバイトをしていた大学生が困窮しているという報道に触れ「退学まで考えている学生が“20%”ってデータも出ていて、非常に大変です」と看過できない事態だという。
    「我が国だけですよ。学生がこんなにバイトしている国は」といい、諸外国との待遇の差を語った。

    「(外国では)ふつうバイトなんかしないですよ、学問研究にいちずに取り組んでいますから。日本は変なんですよそもそもが。だって将来の宝物ですよ。これから社会人になっていこうとする子供たちが
    、思う存分研究とか調査に打ち込めようにするのが国の基本だと思います」と政府を批判。

    「日本の高校生や大学生が海外に入学して、よく円形脱毛になって帰ってきますから。それぐらい勉強するんです。逆に生活費を7、8万円と支給してくれる国もあります。
    学生結婚をすると倍くれるとか。保育所だって、大学の中にありますから。(日本は)めちゃくちゃ遅れてるんですよ」と、海外の例を挙げて支援の乏しさを指摘した。

    https://news.livedoor.com/article/detail/18250501/
    2020年5月12日 20時8分 スポニチアネックス


    【尾木ママが激怒!コロナ禍で学生困窮の報道受け「我が国だけですよ、学生がこんなにバイトしている国は」】の続きを読む

    このページのトップヘ