生活をハッピーに!

「生活をハッピーに!」は生活を楽しく豊かにおくって頂きたいと思いを込めてつくりました。 主に芸能ニュースを多く取り扱い情報発信してまいります。 ※「女優」「俳優」「アイドル」「芸人」「小ネタ」などのカテゴリーです 見て頂く方に楽しんで頂けるように日々頑張ってまいります。 ぜひ見てくださいね

    カテゴリ:芸人 > 石橋貴明


    ねるとん紅鯨団』が始まり「ねるとんブーム」を起こし、深夜番組ながら視聴率上位常連の大ヒット番組なる。翌1988年には、代表番組『とんねるずのみなさんのおかげです』が始まり、開始直後から20%越えの高視聴率を記録。社会現象になるほどの番組となり、彼らの地位が確立した。その後も『とんねるずの生でダラダラいかせて
    150キロバイト (19,617 語) - 2020年9月13日 (日) 20:17



    (出典 s.eximg.jp)


    石橋貴明 「とんねるずは死にました」 YouTubeで息を吹き返した石橋貴明が芸能界、若き日、お笑い、40年の情熱を語る



    オイオイオイマジで!
    どうなって行く

    情熱が凄い

    1 れいおφ ★ :2020/09/13(日) 11:53:09.29 ID:CAP_USER9.net

    「『やっぱり俺*でいたんだ』って。脳も全然動いていなかったんでしょうね」。
    石橋貴明、58歳。『とんねるずのみなさんのおかげでした』の終了以来、燃え尽き症候群になっていたという。6月、YouTubeチャンネルを開設し、息を吹き返した。

    「絶対負けない。27個目のアウトを取られるまで、野球はゲームセットじゃない」。
    お笑いに導かれた若き日、テレビと視聴率、「売れる」とは何か、規格外の笑い。40年の情熱を語り、若者世代に活を入れる。(取材・文:塚原沙耶/撮影:殿村誠士/Yahoo!ニュース 特集編集部)

    「元とんねるずですかね?」
    「『みなさん』が終わって、うーん……。ほぼ、とんねるずは死にましたよね。それだけ命をかけてやっていましたし、
    チャンスをもらった番組だったし、いろんな思いがすべて入っていたので。……なんか、あれからおかしかったです。
    やっと、YouTubeでまたちょっと息が入ったというか、呼吸し始めた感じで、*でいましたね」

    肩書を尋ねると、「元とんねるずですかね?」。『とんねるずのみなさんのおかげでした』が終了したのは、
    2018年3月。30年にわたる「みなさん」をまとめたDVD BOXは、終わったことを認めたくないから「たぶんこの先も開けない」という。

    「子どもたち、孫たちが棺桶に入れるんじゃないですか? 燃えるのかなあ、DVDって。
    火葬場の人が嫌がるかな(笑)。約30年間、毎週木金、『みなさん』の収録でフジテレビに行ってたんですよ。
    行かなくなって、定年退職したサラリーマンの方みたいに、燃え尽き症候群で。戦力外通告されて、テレビ大好きだったのにできなくなっちゃって、つまんねーなーって」

    今年6月、YouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」が始動する。「みなさん」で苦楽を共にしたディレクター、マッコイ斉藤から、「タカさん暇でしょ?」と誘われた。

    「マッコイに『YouTubeってどういうことをやるんだ?』って聞いたら、『僕に任せてくれれば大丈夫ですよ。石橋貴明を面白くするのが僕ですから』って」

    「目指せ1万人」でスタートしたが、3カ月も経たないうちにチャンネル登録者数は125万人を突破。
    元プロ野球選手の清原和博が出演した回は、600万回以上再生されている。毎回、視聴者からの熱心なコメントが並ぶ。

    「テレビと違って面白いなと思ったのはコメントですよね。キヨさんの回なんて1万とかきてるから、読んでいると夜中の3時4時になっちゃって。
    『こんなふうに見てくれてるんだ』とか『こんなふうにキヨさんにあったかいメッセージ書いてくれてんだ』ってウルッときちゃう時がある」

    視聴者は自身と同世代かと思いきや、意外な結果が出ているそうだ。

    「(データを見たら)30歳までと30歳以上、52対48で若いほうが多かったんですよ。
    これは俺らに勇気を与えてくれて。娘の友達で20歳くらいの男の子たちが、貴ちゃんねるずを見てくれていると。
    『パパの面白いよね。伝えといて』って言われたのが、最近すげー嬉しかった話ですよね」

    元気を取り戻して、アイデアが次々と湧いている。
    「ここ数カ月、すっげえ脳動いています。『そうだ。次はあれを作ろう』とか、出るわ出るわ。『あっ、やっぱり俺*でいたんだ』って。
    脳も全然動いていなかったんでしょうね。面白いもんですね」

    (以下、長いので省略。記事全文はこちら)

    ●インタビュー動画あり
    https://news.yahoo.co.jp/feature/1798


    【どういう事?ここからどうなる石橋貴明 「とんねるずは死にました」 】の続きを読む


    石橋 貴明(いしばし たかあき、1961年(昭和36年)10月22日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、歌手、作詞家、YouTuberである。 芸能事務所・アライバル所属、同社代表取締役社長。身長182cm。帝京高校卒業。 お笑いコンビ『とんねるず』メンバー。相方は木梨憲武。また音楽ユ
    32キロバイト (4,224 語) - 2020年8月31日 (月) 12:49



    (出典 dot.asahi.com)


    石橋貴明 、YouTubeから銀の盾が届くも… 「信じられないミス」に爆笑


    オイオイオイマジで!
    そんなことあるかねぇ

    1 フォーエバー ★ :2020/09/04(金) 17:20:14 ID:CAP_USER9.net

    とんねるず・石橋貴明が3日、自身のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」を更新。Google社から銀の盾が送られてきたものの、スタッフのミスでまったく喜べない展開になってしまった。

    ■銀の盾開封も…

    チャンネル登録者数が一定の数値をクリアすると、運営元であるGoogle社から記念のマイルストーンが贈られることで知られるYouTube。10万人で銀の盾、100万人で金の盾、1000万人でダイアモンドの盾が贈呈される。

    この日、石橋の元に届いた、Google社からの2個の荷物。YouTubeという文字から「なになになに」と石橋の期待も膨らんでいくが、開封して現れたのは『竹原テレビ』と刻印された銀の盾だった。

    ■マッコイ斉藤が痛恨のミス

    すると、ディレクターズのマッコイ斉藤氏が「これは間違えたわ」と発言。じつはマッコイ氏、ボクシング元世界王者である竹原慎二のYouTubeチャンネルも手掛けているのだが、よく確認していなかった結果、そちらの盾も石橋に渡してしまったのだ。

    この痛恨のミスに「なんだよ、竹原テレビって!」「ふざけんなよおっ!!」と叫んだ石橋。その後、自身の銀の盾を開封したのだが、撮影時すでに登録者数が120万人台となっていたことも重なって、「楽しくねえよ」「なに今120万人なのに10万人を祝ってるんだよお」とぼやいていた。

    ■金の盾開封時には笑顔

    なお、動画終盤では金の盾を開封するときの映像も。ラスベガスの人口さえも超えていることなどが記されたYouTubeによる祝福の文言を読みつつ、金の盾をカメラに向けてニコリ。

    このときは石橋も感慨深げな様子だった。

    ■「おめでたい」と称賛の声

    今回の動画に対し、コメント欄では「貴ちゃんねるずを支えているスタッフの皆さん、貴さん、金の盾おめでとうございます!」「100万人超えてしまうペース。手越君・タカさん・乃木坂白石さんくらいだよね」「さすが貴さん! 100万人突破おめでとー」など、改めて祝福の声が寄せられることに。

    石橋自身の長いキャリアだけでなく、お茶目で息ピッタリな優秀なスタッフがいるからこそ、貴ちゃんねるずは面白い……そんなことを感じさせてくれる動画であった。

    2020/09/04 16:20
    https://news.nicovideo.jp/watch/nw8036682?news_ref=50_50

    (出典 i.imgur.com)


    【痛恨のミスで大爆笑!!石橋貴明 、YouTubeから銀の盾が届くも・・・】の続きを読む


    石橋 貴明(いしばし たかあき、1961年(昭和36年)10月22日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、歌手、作詞家、YouTuberである。 芸能事務所・アライバル所属、同社代表取締役社長。身長182cm。帝京高校卒業。 お笑いコンビ『とんねるず』メンバー。相方は木梨憲武。また音楽ユ
    32キロバイト (4,179 語) - 2020年7月26日 (日) 06:22



    (出典 i.ytimg.com)


    石橋貴明、YouTube登録者数が100万人突破 清原和博氏との共演話題に




    いいねいいね!
    色々な話がヤバ過ぎる

    1 ひかり ★ :2020/07/26(日) 13:10:40.78 ID:CAP_USER9.net

     お笑いコンビ・とんねるずの石橋貴明(58)のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」の登録者数が26日午前10時までに100万人を突破した。6月19日のチャンネル開設から1ヶ月あまりでの大台突破を実現した。

     石橋は、先月18日深夜放送のTBSラジオ『木曜JUNKおぎやはぎのメガネびいき』(毎週木曜 深1:00)にマッコイ斉藤氏とともに登場し「俺、YouTuberになろうと思って。マッコイが、いろいろやろうということで」とチャンネル開設を発表。プロ野球への造詣の深さや人脈を活かしたスポーツニュース動画や、阿佐ヶ谷姉妹、おぎやはぎをゲストに招いた動画などこれまでに13本をアップしており、そのほとんどが100万回再生を超えている。

     23日からは「3日連続スペシャル」と題して、元プロ野球選手の清原和博氏(52)が出演。先月、覚醒剤取締法違反による執行猶予期間が満了となり現在の心境を語っているほか、『とんねるずのみなさんのおかげでした』名物の“男気ジャンケン”も久々に披露し、大きな話題に。第1弾の動画は投稿から3日目ですでに400万回再生を突破している。

    オリコン

    https://news.yahoo.co.jp/articles/1e0c5efb7a7da0db9efe5f032ebfddeca749c795


    【石橋貴明と清原和博氏がコラボした!!本当に面白すぎる】の続きを読む


    石橋 貴明(いしばし たかあき、1961年(昭和36年)10月22日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、歌手、作詞家、YouTuberである。 芸能事務所・アライバル所属、同社代表取締役社長。身長182cm。帝京高校卒業。 お笑いコンビ『とんねるず』メンバー。相方は木梨憲武。また音楽ユ
    31キロバイト (4,134 語) - 2020年7月24日 (金) 12:27



    (出典 livedoor.sp.blogimg.jp)


    石橋貴明のYouTubeチャンネルに清原和博氏登場で再生回数270万回超


    流石ですね
    面白いです

    1 あかみ ★ :2020/07/24(金) 19:54:14.26 ID:CAP_USER9.net

     元プロ野球選手の清原和博氏(52)が23日より、タレント・石橋貴明(58)のYouTubeチャンネル「貴ちゃんねるず」に登場。約24時間で再生回数が270万回を超え、開設1か月となる同チャンネル史上最高に迫る数字となっている。

     清原氏は石橋側の誘いで都内の焼き肉店で会食。しかも代金を「タイマン男気ジャンケン」と支払うという内容だ。この日アップされたのは3回分のうち1回目だった。

     清原氏は近況を報告したほか、留置場での様子を紹介。さらに薬物の怖さを語り、約24分の動画が一瞬で終わったと思うほど、濃い内容となっている。

     石橋は驚異的な再生回数に、自身のツイッターで23日夜に「大変です!6時間で100万再生!清原アラートです!!! もうーーー寝ろ!!!!! どこからかあーきこえてくるよーーー!」とつぶやき、翌24日には「おはよう!お昼前に190万再生って?! 高知商の中山投手からレフト上段に打ったホームランより飛距離出ている!!! YouTubeは清原和博の為にあるのか!!! 今夜19時に第二弾!岸和田魂!!!」。さらに「17時間で200万再生って…。僕もマッコイも甲子園で清さんにホームラン打たれた投手の気持ちになっています。こんなバッターいるんかい!!!」と、清原氏の“特大弾”に興奮気味だった。

    2020年7月24日 19時33分スポーツ報知
    https://hochi.news/articles/20200724-OHT1T50159.html


    【オイマジで大丈夫か?でも面白いです石橋貴明のYouTubeチャンネルに清原和博氏登場で】の続きを読む


    石橋 貴明(いしばし たかあき、1961年(昭和36年)10月22日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、歌手、作詞家、YouTuberである。 芸能事務所・アライバル所属、同社代表取締役社長。身長182cm。帝京高校卒業。 お笑いコンビ『とんねるず』メンバー。相方は木梨憲武。また音楽ユ
    31キロバイト (4,134 語) - 2020年7月10日 (金) 14:36



    (出典 www.fujitv-view.jp)


    Youtubeを始めたばかりのとんねるず・石橋貴明にスキャンダル発覚


    マジで??
    大丈夫かこれ

    【えぇぇぇぇぇぇ!Youtubeを始めたばかりのとんねるず・石橋貴明にスキャンダル発覚】の続きを読む

    このページのトップヘ