生活をハッピーに!

「生活をハッピーに!」は生活を楽しく豊かにおくって頂きたいと思いを込めてつくりました。 主に芸能ニュースを多く取り扱い情報発信してまいります。 ※「女優」「俳優」「アイドル」「芸人」「小ネタ」などのカテゴリーです 見て頂く方に楽しんで頂けるように日々頑張ってまいります。 ぜひ見てくださいね

    カテゴリ:芸人 > 柴田英嗣


    柴田 英嗣(しばた ひでつぐ、1975年〈昭和50年〉7月15日 - )は、日本のお笑い芸人、プロダクション人力舎所属でアンタッチャブルのツッコミ担当である。 静岡県静岡市清水区出身。人力舎のタレント養成所・スクールJCAの第3期生。身長167cm、体重53kg。血液型B型。
    26キロバイト (3,334 語) - 2020年6月13日 (土) 12:35



    (出典 tk.ismcdn.jp)


    アンタッチャブル柴田が現在のコンビ仲に言及 ザキヤマとは「月に1回くらいは飲みにも行ってる」



    いいねいいね!
    本当にお帰りなさい

    1 伝説の田中c ★ :2019/11/18(月) 20:30:40.19

    11月16日(土)放送「さんまのお笑い向上委員会」(フジテレビ系)に、不仲疑惑系コンビとして、結成15年、レギュラー番組ゼロのフルーツポンチが登場。村上の性格の悪さ、さらにアンタッチャブルの現在のコンビ仲についても明らかになった。


    ひな壇の芸人たちにそれぞれのコンビ仲を聞くと、納言は2人で飲みにも行くと語り、ロッチは、最近中岡創一がコカドケンタロウの家のすぐそばに越して来て、コカドの行きつけの店に行くようになったと告白。ずん・飯尾和樹は、やすが作った栗きんとんで秋を迎えると語り、明石家さんまはほのぼのとした表情になりながらも、視線はアンタッチャブル・柴田英嗣へ。

    すると柴田は「みんな本当に勘違いしている。うちは本当に仲がいいんですって!」とコメント。すかさず土田晃之が「柴田がこの番組で言ってるだけで、ザキヤマ(山崎弘也)からは一切聞かないもん」とツッこむと、柴田は「言わない性格なだけ。あと俺のちょっとちょっとのニュースが嫌なだけ。生き方が嫌なだけ。月に1回ないし2カ月に1回くらい飲みにも行ってるんですよ」と必死で言い訳を。さらに土田が「じゃあなんで、一緒にテレビに出ないの?」と尋ねると、柴田は「山崎に聞いてくれよ!」とブチギレた。

    そしてやっとフルポンの話題に。亘健太郎によれば、売れていた当時、ネタ担当の村上健志に「お前は俺の幸せな家来だと思え」と言われていたそう。また亘が番組が終わった時の打ち上げで泣くと「お前泣くほど頑張ったのか?」とも言われたとのことで、これを受けた村上は「ネタを書いていないやつほど泣くんですよ~」と毒を吐き、さんまが愕然となる一幕があった。

    ネットでは、「柴田からしか聞かない、仲良い、生き方が嫌なだけにめちゃくちゃ笑った」「亘はオラキオと組めば良いのでは?w」などの声が上がった。

    11月23日(土)は、夜9時から「土曜プレミアム・明石家笑業修学旅行~お笑い向上の旅~」を放送する。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20191117-00212723-the_tv-ent


    【いいねいいねいいぞ!!アンタッチャブル柴田が現在のコンビ仲に言及 】の続きを読む


    柴田 英嗣(しばた ひでつぐ、1975年〈昭和50年〉7月15日 - )は、日本のお笑い芸人、プロダクション人力舎所属でアンタッチャブルのツッコミ担当である。 静岡県静岡市清水区出身。人力舎のタレント養成所・スクールJCAの第3期生。身長167cm、体重53kg。血液型B型。
    26キロバイト (3,319 語) - 2020年6月5日 (金) 14:39



    (出典 news.mynavi.jp)


    アンタッチャブル柴田英嗣が不祥事の真相告白「元々は女性問題」



    フムフムなるほどね
    なるほどね

    流石の着眼点です

    1 臼羅昆布 ★ :2020/06/13(土) 17:57:35.61 ID:Qx/4jjM79.net

    2020年6月13日 17時1分
    https://news.livedoor.com/article/detail/18411924/

    お笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣(44)が「アナザースカイII」に出演。
    過去の休業の真相を明*とともに、今後のコンビの夢について語った。
    元々はお笑いタレントの高田純次(73)に憧れ、「第2の高田純次」になるために芸能界に入ったという柴田。
    「そしたら、組んだ奴がより高田純次さんだった。より高田純次さんみたいな奴のサポート役になっちゃった」
    といい「俺がなりたかったんですよ、本当はね」と笑顔で振り返った。
    2004年にM―1王者に輝き、スターへの階段を登っていた柴田だったが、突然2010年に1年間も休業してしまう。
    MCの今田耕司(54)は「“謎の不祥事”やで。厳密に何で休んだんか、もうちょっとわかりやすくしてくれへん?」
    と問いかけると柴田は「元々は女性問題なんですよ。初めは公表しなかったんです」と話す。
    今田「それで柴田が休んで、それが余計に想像で『何したんや?』って思って」と解釈すると、うなずいていた。
    それからコンビでの活動は休止状態だったが、昨年およそ10年の時を経て復活。
    「久しぶりに山崎(弘也)さんの肩口叩いたとき、やっぱり感動しましたよ」といい「固いんですよ、全然違うんですよ。
     ここだけ“牛革”じゃねえかなって思うくらいで」と笑わせた。
    今後については「2人での立ち位置がもっと増えるように動いていこうねって」といい「2人での姿、2人での絡み、
     そのやりとりを見せられるような仕事をしていきたいなと思いますね」と展望を語った。


    【着眼点が凄すぎる!!!アンタッチャブル柴田英嗣が不祥事の真相告白】の続きを読む

    このページのトップヘ