生活をハッピーに!

「生活をハッピーに!」は生活を楽しく豊かにおくって頂きたいと思いを込めてつくりました。 主に芸能ニュースを多く取り扱い情報発信してまいります。 ※「女優」「俳優」「アイドル」「芸人」「小ネタ」などのカテゴリーです 見て頂く方に楽しんで頂けるように日々頑張ってまいります。 ぜひ見てくださいね

    カテゴリ:芸能人 > 剛力彩芽


    剛力 彩芽(ごうりき あやめ、1992年8月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、歌手。本名同じ。 神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属(2020年8月31日まで)を経てフリー。姉は1歳上。 幼い頃から目立つのが好きで、小学生になると「モデルになりたい」と両親に相談
    62キロバイト (7,895 語) - 2020年8月31日 (月) 09:02



    (出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


    剛力彩芽、オスカー退所…彼女を縛り続けた「ゴリ押し女優」の呪い

    オイオイオイマジで!
    怖いぞこれ

    1 少考さん ★ :2020/09/04(金) 07:21:01.62 ID:CAP_USER9.net

    剛力彩芽、オスカー退所…彼女を縛り続けた「ゴリ押し女優」の呪い(片岡 亮) | 現代ビジネス | 講談社(1/5)
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/75381

    片岡 亮

    事務所に従ってきた女優の再スタート

    ■ゴリ押しタレントと言われ…

    女優の剛力彩芽が8月31日、所属事務所のオスカーを退社、独立することをインスタグラムで発表した。

    「18年間お世話になりました株式会社オスカープロモーションを退所し、独立させていただくこととなりました」

    長い芸能史を思えば、かつて禁句ですらあった「独立」の二文字を明記してタレントが大手芸能プロダクションから離脱するのは、時代の変化を感じさせる。これは公正取引委員会が、芸能プロとタレントの専属契約に違法性があるとの見解を出したことが大きいのだが、それでも芸能プロを抜けるタレントの多くはこの手の発表を最小限にとどめたりと、業界への気遣いがうかがえる。

    それだけ芸能界における芸能プロの力は強いわけだが、逆に言えば本来、これほどタレント側にとって心強い味方もいない。才能が多少不足しても強い営業力で大きな仕事を獲得してもらえるからで、剛力も世間じゃ身の丈に合わないぐらい強く売り出されてきた「ゴリ押しタレント」の代表格といわれてきた。

    そんな芸能プロをわざわざ抜ける。

    理由は、報酬・待遇面もしくは仕事の量や方向性への不満、人間関係の問題などが多い。オスカーでここのところ米倉涼子や長谷川潤、福田沙紀ら立て続けに退社が続いているのは、古賀誠一会長の娘婿、堀和顯(かずあき)専務が主導権を握ったことによる新体制への不満が原因といわれる。

    タレントから信頼されていた敏腕スタッフが次々に退社し、それを見て決心したタレントの話も漏れ聞く。公取委が奴隷的な契約を問題視し指摘したことは、オスカーの場合、タレントたちが独立する直接的な要因ではなく、あくまでタレントたちが同社のなかで抱えている問題を解決する手助けになったという形だろう。

    剛力は発表文の中で「これからは自分自身で考え選択し挑戦していくという新しい環境」に身を置く旨を書いている。つまりは自分で仕事の方向性も主体的に決めていくということ。そのとおり、彼女は良くも悪くも事務所の敷いた路線に黙って従ってきたアイドル女優だった。

    ■「優等生」だった
    もとは雑誌「セブンティーン」専属モデルだったところ2011年のフジテレビ系ドラマ「大切なことはすべて君が教えてくれた」で本格的に女優業をスタート。オスカーは特にテレビでの営業力に長け、スタッフが頻繁にテレビ局に足を運び、タレント資料を担当者の机に置いていくのを何度も見た。実際、9年前の取材メモを見返すと、剛力についてオスカー関係者が「次世代の大スター」として猛プッシュしていた事実も見つかった。

    ただ、現場で見た当時の彼女の印象は優等生的なものだった。沢尻エリカのような自己主張の強いタイプと違い、慣れない仕事の要求にも抵抗を見せず挑み、振る舞いが無邪気でありながら人を区別することなく笑顔で接していた。だから事務所にとっても推しやすいタレントだったはずだ。

    あの頃、オスカーのエースだった上戸彩が結婚を見据えてEXILEのHIROと交際中だったことで、武井咲とともに剛力が後継者としてプッシュされたのは間違いなかった。ただ、その技量が伴わないうちの大量仕事獲得は「ゴリ押し」と反発を増やしていった。

    初めてそれを感じたのは2013年のフジ系月9ドラマ『ビブリア古書堂の事件手帖』の主演で、これは原作ファンが配役に猛反発。原作の地味な薄幸美人という印象とはかけ離れたイメージの剛力にバッシングがあった。

    わずか20歳にしてCM10本以上の売れっ子となっていた背景には、剛力をプロモーションする意味で、彼女へのギャラを安く設定し、起用されやすくしたものだと聞いたが、なにしろ歌手としてデビューしたり映画の声優をやったりしたかと思えば、その一方でサッカーやプロレスがらみの仕事に駆り出されたりと、場違いに見える仕事は多かった。その所属事務所の努力が逆に人気を低下させた。

    (略)

    ※省略していますので全文はソース元を参照して下さい。

    ※関連スレ
    【芸能】〝ゴリ推し女王〟剛力にも逃げられ…タレント大量離脱でオスカーの「バーター力」に陰り [鉄チーズ烏★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1598953662/
    【芸能】#剛力彩芽「父のような会長に感謝」オスカー退社、独立報告 [ひかり★]
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1598867488/


    【女優の呪い!!剛力彩芽、オスカー退所…彼女を縛り続けた】の続きを読む


    剛力 彩芽(ごうりき あやめ、1992年8月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、歌手。本名同じ。 神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属(2020年8月31日まで)を経てフリー。姉は1歳上。 幼い頃から目立つのが好きで、小学生になると「モデルになりたい」と両親に相談
    62キロバイト (7,895 語) - 2020年8月31日 (月) 09:02



    (出典 hochi.news)


    剛力彩芽「父のような会長に感謝」オスカー退社、独立報告


    ここからどうなって行く!
    どう輝いて行くの????

    1 ひかり ★ :2020/08/31(月) 18:51:28.53

    剛力彩芽(28)が31日、インスタグラムを更新し「この度、私、剛力彩芽は18年間お世話になりました株式会社オスカープロモーションを退所し、独立させていただくこととなりました。」と、所属事務所オスカープロモーションからの退社と独立を発表した。

    剛力は冒頭で、10歳だった2002年(平14)に入社後、自らを育ててくれたオスカープロモーションの古賀誠一会長と、マネジメントスタッフに感謝の思いをつづった。

    「引っ込み思案で幼く何も分からない私をいつも優しく愛情いっぱいで育ててくださった古賀会長をはじめ、暑い中寒い中昼夜を問わず私をずっと支え続けてくださった事務所関係者及びマネージャーの皆さま、こんな私といつも楽しくお仕事をご一緒くださる関係者の皆さまには感謝してもしきれません」

    その上で「『いつでも相談しなさい』という父のような強くも温かい会長のお言葉を心に、これからは自分自身で考え選択し挑戦していくという新しい環境の中、表現者としてより一層皆さまに笑顔と感謝をお届けできるよう、誠心誠意頑張ってまいります。よろしくお願いいたします」と、退社に当たって、古賀会長から温かい言葉をかけてもらったことを明かした。

    その上で「そして、なによりいつも変わらずに応援してくださるファンの皆さまに、心より感謝申し上げます」(コメントは原文のまま)とつづった。

    剛力は、3月末に看板女優の米倉涼子が退社したのを皮切りに、岡田結実、ヨンア、長谷川潤、小田茜と、所属タレントが相次いで退社する状況に、不安を募らせていたという。既に個人事務所を立ち上げており、当面はフリーで活動する。12月13日から東京・TBS赤坂ACTシアターで稲垣吾郎と共演の舞台「No.9~不滅の旋律~」の再々演が決まっている。

    また映画も、3月の製作発表会に参加した映画「お終活 熟春! 人生、百年時代の過ごし方」(香月秀之監督)は、来春に公開予定で、7月には哀川翔主演で12年ぶりに復活した「新・デコトラの鷲」(香月秀之監督、公開日未定)の撮影にも参加するなど、公開待機作が複数、控えている。

    また、フリーに転身した9月以降の仕事が、既に決まっているとの情報もある。

    日刊スポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/36d3e80ebb03539d346f429add9737936ee6a07e


    【剛力彩芽オスカー退社、独立報告 思いを語る】の続きを読む


    剛力 彩芽(ごうりき あやめ、1992年8月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、歌手。本名同じ。 神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属(2020年8月31日まで)を経てフリー。姉は1歳上。 幼い頃から目立つのが好きで、小学生になると「モデルになりたい」と両親に相談
    62キロバイト (7,895 語) - 2020年8月31日 (月) 09:02



    (出典 asiversal.com)


    「剛力彩芽」オスカー退所に感じていた負い目 前澤交際で“色”、バーター出演にストレス


    フムフムなるほどね!
    でも、自分の考え方を貫けば

    1 冬月記者 ★ :2020/09/02(水) 20:10:08.85

    https://news.yahoo.co.jp/articles/66486d91d42695c38b280f55f68a526c70953a32

    「剛力彩芽」オスカー退所に感じていた負い目 前澤交際で“色”、バーター出演にストレス


     8月31日、女優の剛力彩芽(28)が、オスカープロモーション退所を正式に発表した。これに先立ち剛力が芸能事務所を興していたことを、週刊新潮7月9日号が報じたが(「『剛力彩芽』独立へ 前澤友作氏支援で子会社を設立、『アンビリバボー』降板か」記事参照)、彼女の心は事務所設立から数カ月間、独立を巡って揺れ動いていたという。ついに「育ての親」であるオスカー、そして古賀誠一会長と決別した胸の内とは――


    「彩芽は、かつてないほど悩みました」
    と明*のは剛力の知人。

    「まず、彼女は、尊敬していた米倉涼子さんが今年4月に独立したことに、強いショックを受けていました。米倉さんが独立した4月前後が、彩芽が本格的に退所を考えるようになった時期です。契約が給料制から歩合制に変わったので、自らの事務所設立は税金対策という目的もあったでしょう。ですがいま振り返れば、まちがいなく独立への布石でしたね。同時に、次々とオスカーからタレントが独立していくなかで、自分が事務所に残り続けることに不安を覚えるようになった。それは彼女自身が自分の“立ち位置”をきちんと把握していたからなんです」

     立ち位置とは、いかなるものか。

    「前澤さんと付き合い、それがSNSにアップされることで、自分にはどうしても拭いきれない“色”がついてしまった。彩芽はそういう負い目も感じていました。そんな自分の仕事を、オスカーが無理をして他のタレントと抱き合わせのバーターなどで取る。そこにすがることもできるけれど、彩芽はそれをストレスに感じ、独り立ちすべきだと思い至ったわけです」(同)


     また、オスカーの古賀前社長が会長に退いたことも大きかったようだ。

    「剛力さんがオスカーの看板となることができたのは古賀会長が目をかけたから。オスカーのタレントも社員も、そして剛力さんも“古賀組”を自負して歩んできたわけです」(事情通)

     だからこそ、退所すると決めたのちも、剛力は最後まで会長と袂を分かつことについて、悩み苦しんだのだという。

     9月3日発売の週刊新潮では、退所が相次ぐ“オスカー帝国崩壊”のほか、退所後の剛力の仕事事情についても詳報する。


    「週刊新潮」2020年9月10日号 掲載


    【剛力彩芽オスカー退所に感じていた負い目!! それでも我が道を行く!!】の続きを読む


    剛力 彩芽(ごうりき あやめ、1992年8月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、歌手。本名同じ。 神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属(2020年8月31日まで)を経てフリー。姉は1歳上。 幼い頃から目立つのが好きで、小学生になると「モデルになりたい」と両親に相談
    62キロバイト (7,895 語) - 2020年8月31日 (月) 09:02



    (出典 joshi-spa.jp)


    剛力彩芽 家では「下着つけてないです」と仰天告白


    へぇーーーーーーー!
    いいね!いいね!

    想像しちゃうね!

    1 ひかり ★ :2020/09/02(水) 01:21:57 ID:CAP_USER9.net

     女優・剛力彩芽が1日深夜に日本テレビ系で放送された「ウチのガヤがすみません!」に出演。家では下着をつけない派であることを仰天告白した。

     小学校1年の時から「モデルになりたい」と強く思うようになったという剛力。「モデルになりたくて、とにかく身長伸ばしたかったんで、女性らしくなってくると、身長伸びにくくなる、と言われてから、できれば下着つけたくない。(家では)下着つけてないです」と笑顔で告白していた。

    デイリースポーツ

    https://news.yahoo.co.jp/articles/e14c74d17562d0e1e9d9ba81a2f15bbb0f774500


    【想像するとエッチ!!剛力彩芽 家では「下着つけてないです」いいね!】の続きを読む


    剛力 彩芽(ごうりき あやめ、1992年8月27日 - )は、日本の女優、ファッションモデル、タレント、歌手。本名同じ。 神奈川県横浜市出身。オスカープロモーション所属。姉は1歳上。 幼い頃から目立つのが好きで、小学生になると「モデルになりたい」と両親に相談し、4年生の時に芸能事務所に入った。7歳
    62キロバイト (7,825 語) - 2020年7月13日 (月) 14:56



    (出典 image.news.livedoor.com)


    剛力彩芽=大根説は間違い?  主役以外でこそ輝くレア女優力



    オイオイオイマジで
    輝きが違う

    1 jinjin ★ :2020/07/26(日) 23:27:22.85 ID:CAP_USER9.net

    剛力彩芽=大根説は間違い? 主役以外でこそ輝くレア女優力


    7月10日から流れている、女優の剛力彩芽(27)出演のゲーム『ビビッドアーミー』のCM。

    偶然見たのだが、あごがシャープになり美しくなっていたし、表情の豊かさにも「おおっ」となった。
    しかも彼女、3月26日に新会社を設立したという。


    正直、これまでの剛力の女優としての評価は良いとはいえず、映画やドラマに出るたび、厳しい言葉が並ぶ。
    ただ、個人的にはコテンパンに言われるほど、大根にも思えないのだ。

    「あれ? 剛力彩芽っていい役者じゃないの?」と思ったのが、Amazonプライムビデオで見た、映画『ガッチャマン』の大月ジュン役である。松坂桃李(31)演じる鷲尾健に恋心を抱き、素直に明るく好意を伝える演技はとってもキュートだった。ただ『ガッチャマン』では、主役の松坂と綾野剛(38)が思いを寄せるナオミ(初音映莉子/38)という別の裏ヒロインがいて、
    剛力は主要メンバーとはいえ、いわばムードメーカー。この立ち位置が一番、彼女の魅力が生きるのではないかな、とも思った。大根ではないのだが、彼女が主役の『グ・ラ・メ!~総理の料理番~』『女囚セブン』(ともにテレビ朝日系)を見たが、確かに「悪くないんだけど……ううむ」となってしまうのだ。


    なぜかドラマの主役をするとクドくなる剛力ちゃん……。
    さらに自らも前澤友作氏との交際&破局をオープンにしたことで、なにを演じてもプライベートが透け、物語に入りこめない状況を作ってしまった感はある。


    CMで見せる抜群の存在感

    ショートカットに切れ長の目で、キャッチーな個性の持ち主なのは間違いない。声もいい。
    だからこそ山崎製パンのランチパックやヤクルトジョアのCMなど、数秒でもガッチリ印象に残るのだろう。
    今回の『ビビッドアーミー』も一度見たらクセになるし、間違いなく“スパイス”的なおいしいキャラなのだ。


    今年3月に放送された、佐々木蔵之介(52)主演の『陰陽師』(テレビ朝日系)の如月役は、はかなくて美しかった。
    彼女の妖精のような魅力は、非現実的な物語で彼女以上に濃い主役を立てる“キーマン”としてはぴったりで、なかなか代わりがいないタイプの役者ではあると思っている。


    次回作は、哀川翔(59)主演の映画『デコトラの鷲(しゅう)』シリーズの12年ぶりの新作、『新デコトラの鷲』に出演が決まっているとのこと。

    濃い男性陣に加わり、彼女のみずみずしさがどう化学変化を起こすのか、興味津々である。


    https://taishu.jp/articles/-/76395?page=1


    【剛力彩芽=大根説は間違い? 全然違う輝きがあるぞ】の続きを読む

    このページのトップヘ