生活をハッピーに!

「生活をハッピーに!」は生活を楽しく豊かにおくって頂きたいと思いを込めてつくりました。 主に芸能ニュースを多く取り扱い情報発信してまいります。 ※「女優」「俳優」「アイドル」「芸人」「小ネタ」などのカテゴリーです 見て頂く方に楽しんで頂けるように日々頑張ってまいります。 ぜひ見てくださいね

    カテゴリ: テラスハウス


    「ハラスハウス HARASU HOUSE HARASU×GIRLS NEXT DOOR」 2014年8月12日(11日深夜)放送回。「シラスハウス」と同様の手法で、「ハラスハウス」では、鮭のハラスを使った様々な料理を紹介。出演は本家テラスハウス
    77キロバイト (4,599 語) - 2020年7月10日 (金) 06:14



    (出典 biz-journal.jp)


    「テラスハウス」木村花さん母が人権侵害でBPOに申し立て… 過呼吸状態で撮影強行、撮り直しの常態化など番組スタッフの証言も


    オイオイマジか!
    これはヤバ過ぎる

    1 jinjin ★ :2020/07/16(木) 01:06:05.44

    「テラスハウス」木村花さん母が人権侵害でBPOに申し立て


    「週刊文春」7月2日発売号が報じた 「テラスハウス」(フジテレビ系/Netflix)のやらせ疑惑 。

    自ら命を絶った木村花さん(享年22)の母・響子さん(43)が、7月15日、BPO(放送倫理・番組向上機構)に対し、放送による人権侵害があったとして審議を申し立てたことが、「週刊文春」の取材で分かった。


    自殺の原因となったのは3月31日にNetflixで配信された第38話「コスチューム事件」。
    花さんが同居人の帽子をはたくシーンが流れ、花さんのSNSに誹謗中傷が殺到した。配信当日、精神的に追い詰められた花さんが自殺未遂を起こしたにもかかわらず、フジは5月14日にYouTubeで「コスチューム」事件の続編(未公開映像)を3本立て続けに公開し、5月23日には地上波で本編を放送した。

    その5日後の5月23日、花さんは自ら命を絶つ。


    響子さんは「週刊文春」の取材に対し、「コスチューム事件」の撮影において、スタッフから花さんに対し「ビンタしたらいいじゃん」などとやらせ指示があったことを証言。
    それを裏付ける花さんのLINEメッセージも携帯電話に多数残されていた。

    また、帽子をはたかれた同居人の小林快さんも、 生前の花さんから「(帽子をはたいたのは)本心からではなくスタッフに煽られた行為だった」と謝罪を受けていたことを明かし、やらせの常態化も告発した (7月9日発売号)。


    花さんら出演者がスタッフからの理不尽な要求に従い続けた背景には、フジ側と交わした「同意書兼誓約書」の存在がある。
    28項目ある誓約書の中には「演出指示に従うこと」をはじめ、「途中リタイアしないこと」「写真週刊誌などの雑誌に口外しないこと」「(制作側に)SNSのアカウント情報を開示すること」などという文面が並び、これらの誓約条項に違反し、放送・配信が中止になった場合は、出演者が放送回分の制作費を無条件に賠償すると記載されていた。


    パワハラや名誉棄損問題に詳しい大城聡弁護士が指摘する。

    「台本はなく、自由に共同生活を送っているかのように放送しているが、巨額の損害賠償の可能性をちらつかせた現代の“奴隷契約”とも言える誓約書兼同意書によって出演者個人の意思が制作側に制限される強い支配構造があったといえる。制作側による演出の態様によっては、憲法13条の自己決定権が奪われていたことになる。
    また、凶暴な悪役という虚像が本当の人格として視聴者に結びつけられ、SNSの炎上は生まれた。この点から放送によって人格権も侵害されていたともいえる。BPOではやらせがあったかどうかの放送倫理の問題だけでなく、人権侵害があったかどうかも審議されるべきです」


    フジは7月3日の社長会見で、「無理強いはしていない」「感情表現をねじ曲げるような指示はしていない」「花さんと話し合った上で撮影や配信を行った」と主張。
    また、社内調査中だとし、検証結果は遺族感情を踏まえながら公表するとしている。


    こうしたフジの説明に不信感を抱く響子さんは7月15日付でBPOの放送人権委員会に申し立てを行い、「週刊文春」の取材に次のように答えた。

    「花や共演者、スタッフの証言から分かってきたのは、フジテレビさんが花を人間として扱ってはいなかったということ。フジ側はあたかも制作側と花が対等かのように説明していますが、これはイジメやパワハラの論理と同じです。2度と同じ悲劇が起きないようにするためにも、フジは花の死にきちんと向き合って欲しい」


    7月16日(木)発売の「週刊文春」では、3人目の告発者となる番組スタッフの「花さんが過呼吸状態の中、撮影が強行されていた」という新証言、
    さらに“追撮”と呼ばれる撮り直しが常態化する実態、花さんの祖母が語った孫との思い出などを3ページにわたって詳報している。


    「週刊文春」編集部/週刊文春 2020年7月23日号

    https://news.yahoo.co.jp/articles/035b541c398f5f410a45fba82d86860b89cdcab2


    【オイオイマジかやらせです!「テラスハウス」木村花さん母が人権侵害でBPOに申し立て… 過呼吸状態で撮影強行】の続きを読む


    「ハラスハウス HARASU HOUSE HARASU×GIRLS NEXT DOOR」 2014年8月12日(11日深夜)放送回。「シラスハウス」と同様の手法で、「ハラスハウス」では、鮭のハラスを使った様々な料理を紹介。出演は本家テラスハウス
    77キロバイト (4,599 語) - 2020年7月10日 (金) 06:14



    (出典 bunshun.ismcdn.jp)


    テラハやらせ発覚でネット・視聴者に責任を押し付けた芸能人たち…「ネットが悪とほざいていたこいつらはだんまり」「謝れよ」の声



    オイオイオイマジ
    ヤバ過ぎ

    1 れいおφ ★ :2020/07/11(土) 23:10:47 ID:fy3CVSBr9.net

    出演者の女子プロレスラー・木村花さんが逝去したことで打ち切りとなったリアリティー番組『テラスハウス』(フジテレビ系・Netflix)。
    同番組のヤラセについて、7月8日付の『文春オンライン』にて、元出演者の小林快さんがその重い口を開いた。
    小林さんといえば、木村さんがネット上で炎上するキッカケになった?コスチューム洗濯事件?に深く関わった人物。

    小林さんが洗濯機で洗濯・乾燥を行ったところ、そこには木村さんの仕事着であるプロレス衣装も入っており、
    思い出の詰まった試合衣装は縮んで色落ちし、木村さんは激怒。
    小林さんがかぶっていた帽子をたたき落とすなどの暴力的な行動をしたところ、ネットで大炎上することになった。

    同記事では、小林さんが番組スタッフからヤラセの指示を受けたことがあると証言。
    2月18日配信の第33話で、2人がトランポリンデートをした際、番組ADから「トランポリンするだけじゃあ面白くないから」「オッパイとか触ったら」と提案されたことを告白。

    彼は《「それは違うでしょ」と断ったけど、こういう無茶ぶりは日常茶飯事。スタッフが求めているのは恋愛とハプニング。
    そしてSNSでの炎上を狙っていた》と、番組ではネット炎上を意図的に狙った?ヤラセ?があったと証言している。

    さらに、7月2日発売の『週刊文春』誌上でも、木村さんの母親がヤラセを告発。大炎上した?コスチューム洗濯事件?にて、
    木村さんが小林さんをビンタするよう、スタッフが促していたという。

    ここで思い返したいのが、木村さん亡き後、各局ワイドショーMCたちの発言だ。

    大物芸能人たちはネットだけを悪者にしていた…!

    『ダウンタウン』松本人志は、5月31日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、「やっぱり匿名で誹謗中傷している奴らが一番悪いに決まってて、
    番組が悪いとか番組の演出がどうたらとなっていくのが僕はちょっと…」と制作側を擁護している。

    立川志らくは5月25日放送の『グッとラック!』(TBS系)で、「誹謗中傷するなんて本当に数%、1~2%のワケの分からないやつ」とした上で、
    「こうした連中をどうやって排除していくかってことですよね」と、敵意をあらわに。

    和田アキ子に至っては5月24日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)にて、
    「バラエティーなんかで『こう言って下さい』とか『強く怒って下さい』って(演出されることは)よくある」とし、
    「それを(視聴者に)そのまんま捉えられて何か言われるの、もうかなわないよね」と、辟易した様子で視聴者をチクリ。

    さらに坂上忍も『バイキング』(フジテレビ系)にて、視聴者への責任を追及していた。

    「芸能人の言い分で共通しているのは、制作ではなく?ネット民・視聴者のせい?にしている点。
    誹謗中傷が悪いことに間違いはありませんが、番組側が意図的に視聴者を駆り立て、炎上をコントロールしていたとなれば話は変わってきます。
    殴りかかるように人をあおっておいて、『先に手を出した方が悪い』と主張するのは筋が通りませんよね…」(ネットメディア編集者)

    関係者の暴露に、現在、ネット上では、
    《ネットだけが悪いと言った松本と坂上どうすんの? もちろんテラハなんて見て真に受けて誹謗中傷してたアホが悪いのは前提だから その上でそれを操ってた制作側に対してどう思うかだ》
    《こんなんフジテレビが*たも同然やん、それも責任をSNSの炎上に見せかけて悪ど過ぎる》
    《これワイドショーで報道しろよ 誹謗中傷という言葉で全責任ネットに押し付けたこと謝れよ》
    《全部ネットに責任押し付けてよ~ ほんとズルいよなメディアの連中も芸能人も》
    《せっかくSNSに全責任押し付けられそうな雰囲気だったのに続々と番組の情報が出てくるなw》
    《フジテレビの悪行が明るみになったら、ネットが悪とほざいていたこいつらはだんまりだからね》
    などと?都合良く?責任逃れをしているとの指摘の声が多く上がっている。

    果たして、テレビの責任を追及する芸能人は現れるのだろうか。

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12156-724989/

    前スレ ★1=2020/07/11(土) 20:14:49.30
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1594466089/


    【オイオイオイマジで!!テラハやらせ発覚でネット・視聴者に責任を押し付けた芸能人たち】の続きを読む


    「ハラスハウス HARASU HOUSE HARASU×GIRLS NEXT DOOR」 2014年8月12日(11日深夜)放送回。「シラスハウス」と同様の手法で、「ハラスハウス」では、鮭のハラスを使った様々な料理を紹介。出演は本家テラスハウス
    77キロバイト (4,599 語) - 2020年6月29日 (月) 14:25



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    木村花さん、死の直前に『テラスハウス』スタッフから「相手をビンタしろ」と煽られたことを明かしていた


    オイオイオイ
    マジかよ!

    やっぱりそういう事やっているのね

    1 Time Traveler ★ :2020/07/04(土) 20:56:58.59 ID:Y30bzudp9.net

     フジテレビの人気リアリティー番組「テラスハウス」に出演し、ネット上の誹謗(ひぼう)中傷の末に22歳で亡くなった女子プロレス選手の木村花さんの母響子さん(43)が4日、取材に応じた。時折涙もにじませながら、花さんが急*る直前に「(相手を)ビンタしろとスタッフからあおられた」と語っていたことや、SNSに誹謗中傷を書き込んだ人たちへの思いを語った。【宇多川はるか/統合デジタル取材センター】

     花さんは、響子さんが20歳の時に出産。花という名は、「呼びやすく、みんなにかわいがられそう」と名付けた。生後3カ月ごろからシングルマザーとなり、女手一つで育ててきた。幼少の頃から、響子さんの友人たちが集まった場では、人の輪の真ん中で踊り出す子だった。「にぎやかな性格で、みんなにかわいがってもらいました」

     インドネシア人を父に持つ。小学校に入ると、「インドネシアに帰れ」といじめられた。学校から泣いて帰ってくることもあったが、不登校にはならず、通学しつづけた。中学校、高校では、ダンスやモデル、アイドル活動に興味を持った。響子さんは、花さんが「やりたい」と言うことは全力で応援した。自身も女子プロレス選手だった響子さん。「15年間の現役生活、欠場せずに頑張って試合してきたのは、花のために頑張りたいという気合が原動力でした」

     花さんがプロレスに興味を持ち始めたのは、高校生のころ。アクション女優になりたいという思いから、次第に夢はプロレスラーへ。18歳でデビューした。「すごく向いていると思ったし、一生懸命打ち込める居場所ができて良かったなと、安心しました」

     昨秋からのテラスハウスへの出演は、「女子プロレスを広めたい」という思いからだったという。「『テラハを見て、初めて女子プロを見に来ました、というお客さんがいた』とうれしそうに話していました」

     だが、昨年末には家族にも「やめたい」と漏らすようになった。試合もある日常の中で、夜遅くまでの撮影はスケジュールに無理があったことに加え、ネット上の誹謗中傷も気…

    この記事は有料記事です。
    残り1806文字(全文2656文字)

    https://mainichi.jp/articles/20200704/k00/00m/040/162000c


    【オイオイオイマジかよ!!木村花さん、死の直前に『テラスハウス』スタッフから】の続きを読む


    「ハラスハウス HARASU HOUSE HARASU×GIRLS NEXT DOOR」 2014年8月12日(11日深夜)放送回。「シラスハウス」と同様の手法で、「ハラスハウス」では、鮭のハラスを使った様々な料理を紹介。出演は本家テラスハウス
    77キロバイト (4,599 語) - 2020年6月29日 (月) 14:25



    (出典 static.blogos.com)


    フジテレビ社長、木村花さん死去を謝罪 「逝去に関して哀悼の意を表したいと思います」


    へぇーーーーーーー!
    ちゃんとした謝罪ですね

    1 冬月記者 ★ :2020/07/03(金) 15:38:36.48 ID:5b+p0NlQ9.net

    https://news.yahoo.co.jp/articles/d284fd6915e92211ecbcf793ec23bb4a18aad359

    フジ社長、木村花さん死去を謝罪「逝去に関して哀悼の意を表したいと思います」

    フジテレビの遠藤龍之介社長(64)の定例会見が3日、東京・台場の同局で行われた。

    席上、遠藤社長は同局系恋愛リアリティー番組「TERRACE HOUSE TOKYO 2019―2020」(テラスハウス)に出演していた女子プロレスラー・木村花さん(享年22)が5月23日に亡くなったことについて、「逝去に関して哀悼の意を表したいと思います」と謝罪した。

    大多亮常務は「現在、事実関係の検証中です。問題点は3つある。番組の制作過程で問題はなかったか。コスチューム事件自体を作り出すことはなかったか。2つ目は出演者の行動、感情表現を規制するようなことはなかったか。3つ目は心のケアです」と答え、
    「一部で報じられているビンタの強要などはなかったと考えています」と答えた。

    花さんは5月23日午前3時半ごろ、東京・江東区の自宅マンションのベッドで心肺停止状態で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。
    リング外でもNetflix(ネットフリックス)で先行配信され、昨年6月からはフジテレビオンデマンド(FOD)でも配信スタート、同年7月からはフジ系地上波でも放送されていた「テラスハウス」に昨年9月から出演。
    キュートなルックスと歯に衣(きぬ)着せぬ発言で人気者になっていたが、番組内での言動を巡り、ネット上で数多くの誹謗(ひぼう)中傷の言葉を浴び、悩んでいたとされる。

    また、花さんの母で元女子プロレスラーの木村響子さん(43)は自身のツイッターで2日発売の「週刊文春」のロングインタビューに応じたことを明かし、「ひとりでも多くのひとに事実を知ってほしいです」と訴えた。

    「木村さん母が告白 娘が明かしていた『テラスハウス』の“やらせ”」など「週刊文春」の記事内容を紹介する文藝春秋社のニュースサイトを貼り付けた響子さんは「ひとりでも多くのひとに事実を知ってほしいです 真実を見極めてほしいです」と訴え、
    「花は最後まで必死に生きようとしていたと思います」と、つづっていた。


    【謝るだけ偉いと思う!!!フジテレビ社長、木村花さん死去を謝罪】の続きを読む


    「ハラスハウス HARASU HOUSE HARASU×GIRLS NEXT DOOR」 2014年8月12日(11日深夜)放送回。「シラスハウス」と同様の手法で、「ハラスハウス」では、鮭のハラスを使った様々な料理を紹介。出演は本家テラスハウス
    77キロバイト (4,599 語) - 2020年6月1日 (月) 14:12



    (出典 shimanami-mama.com)


    テラスハウス木村花さんの死で問われるフジテレビ過剰演出の責任


    これが本当なら大問題です
    真実を教えて下さい!

    1 臼羅昆布 ★ :2020/06/10(水) 14:35:50 ID:BoNQZ0Rn9.net

    2020年06月10日 11時30分
    http://npn.co.jp/article/detail/200004832

    フジテレビが開局以来の危機に見舞われている。
    シェアハウスで男女が共同生活する恋愛バラエティー『テラスハウス』に出演していた女子プロレスラーの木村花さん(享年22)が自らの命を絶ってしまった。
    「番組内で亡くなった木村さんが大切にしていたプロレスのコスチュームをめぐってトラブルになったんです。同居人が善意から洗濯したら縮んでしまった。
     木村さんは激怒し、この同居人を徹底的につるし上げた。この様子を放送したわけです」(制作関係者)
    『テラスハウス』はフジテレビと業務提携しているNetflixの『TERRACE HOUSE TOKYO 2019―2020』においても、3月に先行配信されていた。
    「この回は想像以上の大反響となった。番組は木村さんをとにかくクローズアップ。ナレーションで煽り、木村さんの人格を否定するかのような印象すら持ちました。
     徹底的に一方を叩くことでネット視聴者の共感を得ることができる。事実、この回の視聴率毎分やNetflixの加入者数は増加しました。番組の公式YouTubeでも、
     コスチュームをめぐる動画3本をアップしていることから、誰でも視聴できるようにしていた。まさに確信犯ですよ」(フジ事情通)
    ところが、想定していなかった事態が勃発。SNSで木村さんへの大バッシングが巻き起こったのだ。
    「サービス精神旺盛だった木村さんは、演出サイドの過剰な要望に素直に応えたんです。普段は優しく気が小さかったという話もある。
     自分でない自分を演じることに悩みを抱えていたのでは。そこにSNSでの心ないバッシングが加わった」(制作会社関係者)
    今後、フジテレビを待ち受けているのは信用ガタ落ちの悲惨な末路だという。
    「BPO審議入りは間違いない。しかも、『99人の壁』も審議入りしており、打ち切りは免れない状態にある。スポンサーも逃げますよ。
     それでなくてもコロナ禍で広告出稿できる有力スポンサーは民放局で争奪戦になっている。スポンサーや広告代理店の誰もが考えるのは、
     フジだけは外したい。この1件で数百億円規模に値する損害になると思います」(大手代理店幹部)
    さらに今後、フジテレビは多くの訴訟を抱えることになるかもしれない。
    「まず木村さんの遺族は納得していません。番組側はSNSのバッシングに見て見ぬふりをしていた可能性もある。事件の詳細が明らかになった時点で次の展開があるはずです。
     さらに、木村さんと同じようなバッシングの被害に遭っていた出演者がいるんです。大きな火種を抱えているといっても過言ではない」(同)


    【本当なら大問題です!!死で問われるフジテレビ過剰演出の責任】の続きを読む

    このページのトップヘ