前澤 友作(まえざわ ゆうさく、1975年11月22日 - )は日本の実業家、起業家、ミュージシャン。株式会社スタートトゥデイ代表取締役社長、株式会社ZOZOファウンダー、公益財団法人現代芸術振興財団会長。千葉県鎌ケ谷市出身。血液型はO型。 2020年のフォーブス長者番付で世界1
25キロバイト (3,288 語) - 2020年5月11日 (月) 01:55



(出典 c799eb2b0cad47596bf7b1e050e83426.cdnext.stream.ne.jp)


前澤友作氏、木村花さん急死で「誹謗中傷行為には厳罰を」と訴え…
今後は「僕も遠慮なく被害届けを出す」


確かに嫌なことは行動をするべきかもね
本人が嫌だと思ったら行動するのが大切ですね

ここからまた変わっていくかもね

1 muffin ★ :2020/05/23(土) 20:26:25.18

https://hochi.news/articles/20200523-OHT1T50143.html
2020年5月23日

ファッション通販サイト「ZOZO」創業者で、スタートトゥデイ社長の前澤友作氏(44)が23日、自身のツイッターを更新。フジテレビ系恋愛リアリティー番組「テラスハウス」に出演中の女子プロレスラー・木村花さんがこの日、22歳で亡くなったことを悼んだ。

前澤氏は木村さんの突然の訃報に「まだ22歳。。。悲しすぎる」と突然の別れを惜しんだ。

木村さんのSNSに、誹謗(ひぼう)中傷とも受けとれるコメントが寄せられていたことに「SNSでの行き過ぎた誹謗中傷行為には厳罰を」と厳罰化を訴えた。

ネット上の一部で、中傷コメントは受け流せばいいという声がある事に「スルースキルとか言ってる場合じゃない」とした上で「被害受けた人はスルーせずに被害届けを。被害者のアクションが全体の抑止力になる」と泣き寝入りせず、きちんと対応するべきだとした。 

自身も今後は「僕もスルーせずにこれからは遠慮なく被害届けを出す」とツイートした。


【前澤友作氏、木村花さん急死で「誹謗中傷行為には厳罰を」と訴え行動を起こす!】の続きを読む