カズレーザー (カテゴリ 日本タレント)
オリンピックほとんどに興味が無く見ることが無いが、重量挙げとフィギュアスケートに興味があって見ている。 かつて芸術家から依頼で、河原で流木拾いアルバイトをしていた。創作意欲を沸き立たせるような形かどうかが決め手であり、気に入られたら1本につき5000円かそれ以上収入があったが、気に入られなかったら無収入になったという。
27キロバイト (3,720 語) - 2020年4月18日 (土) 01:06



(出典 amd.c.yimg.jp)


安藤なつ、結婚の決め手は「毎日6時間電話しても苦じゃない」


いいね幸せオーラが凄い
良い関係作ってね

1 砂漠のマスカレード ★ :2020/05/15(金) 01:53:13 ID:XJ5ZeObA9.net

メイプル超合金の安藤なつが、5月10日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)で、結婚した6歳年下の介護職の男性とのエピソードを明かした。

安藤は「『令和元年婚がしたい』ってずっと言ってて、そしたらポッと(相手が)現れた」と告白。結婚相手とは、交際前から長時間の電話をしていたそうで、
「ほとんど毎日、3時間、4時間、6時間は全然普通でしたね。それでも全然楽しかった。(長時間話していても)苦じゃないっていうのが一番の(結婚の)決め手」と話した。

それだけ長くなると「トイレに行くときは『トイレに行ってくる』って言って(部屋に戻ってきたら)再開。ずっとしゃべってました」と振り返った。

外出自粛中の生活については「今までやらなかったスープからラーメンを作った。鶏ガラ、ニンニク、タマネギ、長ネギだけでドロドロの濃厚なスープができておいしかった」と語っていた。

安藤はウェブ「telling.」で、相方のカズレーザーに結婚を報告した際の様子をコメント。

安藤は「こっちは、手に汗握って緊張して言ったのに、(カズは)こちらも見ずに、スマホをいじりながらです。『軽っ!!!』って思いました。その後、婚約者がどういう人なのかも聞いてこなくて、ずっと携帯いじってましたね」と振り返っていた。

令和元年婚を実現させた安藤。末永い幸せを祈りたい。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200513-00010008-flash-ent
5/13(水) 20:30配信


(出典 p.potaufeu.asahi.com)


(出典 hochi.news)


【安藤なつ、結婚の決め手はなに?】の続きを読む