生活をハッピーに!

「生活をハッピーに!」は生活を楽しく豊かにおくって頂きたいと思いを込めてつくりました。 主に芸能ニュースを多く取り扱い情報発信してまいります。 ※「女優」「俳優」「アイドル」「芸人」「小ネタ」などのカテゴリーです 見て頂く方に楽しんで頂けるように日々頑張ってまいります。 ぜひ見てくださいね


    石原 さとみ(いしはら さとみ、1986年〈昭和61年〉12月24日 - )は、日本の女優。東京都出身。ホリプロ所属。 2002年、第27回ホリプロタレントスカウトキャラバン『ピュアガール2002』グランプリ受賞を経て本格的に女優活動を始めた。同オーディション参加以前にも、現在の所属芸能事務所であ
    74キロバイト (8,953 語) - 2020年7月27日 (月) 05:53



    (出典 media.image.infoseek.co.jp)


    石原さとみ、二日酔いで現場入りの田中圭に放った痛烈一言



    へぇーーーーーーー!
    流石がプロの考え方ですね

    1 ひかり ★ :2020/07/30(木) 18:50:27.34 ID:CAP_USER9.net

     今クールのドラマで、あるキャストの顔が期せずして話題になり、ファンから心配の声があがっている。

    「まぶたが腫れぼったくて全体的にむくんでいるし、メイクで隠せていないほど顔が真っ赤なシーンもありました…」(40代・会社員)
     そのキャストとは、田中圭(36才)。現在『アンサング・シンデレラ』(フジテレビ系)に出演中だ。石原さとみ(33才)が病院薬剤師を演じている今作品は、第1話の平均世帯視聴率10.2%、第2話は9.8%と好発進中。
    「見逃し配信も好調で1週間で165万再生を記録し、フジテレビ歴代1位となる過去最高の再生回数を達成しました」(テレビ局関係者)
     新型コロナによる撮影の延期やメインキャストの1人、清原翔(27才)の脳出血による緊急降板などトラブル続きだったが、その苦労が報われたかたちだ。
    「座長の石原さんは絶対に感染者を出さず、いい作品にしようと緊張感を高めていて、現場はかなりピリピリムードです」(別のテレビ局関係者)
     4月初旬、現場に石原の高い声がひびきわたったという。
    「集中してくださいよ…」
     声の先にいたのは田中だ。
    「田中さんは新型コロナの影響で、撮影スケジュールが変更になった2本のドラマにかけもち出演中で、とても忙しい。それでも大好きなお酒を控えることはなく、毎日だいぶお疲れのようで、出番を待つ間に寝ていることもよくあります。特に『アンサング~』では専門用語満載のせりふが多く『頭がパニック』と言っていますね。
     そんな田中さんが目が開けられないほど顔がむくんだ状態の二日酔いで現場入りしたんです。ピリピリしている現場だけに、彼ののんきな雰囲気に“こんなんじゃメイクできないよ”とヘアメイクさんがいじったりして、和やかなムードだったのですが、石原さんがぴしゃりとたしなめたんです」(前出・別のテレビ局関係者)
     普段の現場ではムードメーカーの石原も、今作では薄いメイクにマスク姿。私語も控えていただけに、急に放たれた一言に周囲は凍りついた。

    「冗談めかしてはいましたが、険しい目つきで、あれはマジギレでしたね(笑い)。田中さんはそれ以降、撮影途中の居眠りはあるものの、二日酔いでの現場入りは全くなくなりましたね」(前出・別のテレビ局関係者)
     石原のプロ意識と田中ののんびりしたキャラクターのバランスで、最後まで高視聴率を保てるか。
    ※女性セブン2020年8月13日号

    https://news.yahoo.co.jp/articles/59128d876369042b7b7d90e377765de3c5157513
    https://news.yahoo.co.jp/articles/59128d876369042b7b7d90e377765de3c5157513?page=2


    【オイオイオイマジで流石プロですね!石原さとみ、二日酔いで現場入りに】の続きを読む


    宮迫 博之(みやさこ ひろゆき、1970年〈昭和45年〉3月31日 - )は日本の男性YouTuber、実業家、歌手、元お笑いタレント、元俳優、元司会者、元声優である。 本名同じ。大阪府茨木市出身。金光第一高校卒業。YouTuberとしてはヒカルと頻繁にコラボをしている。またレペゼン地球とも度々コ
    38キロバイト (4,669 語) - 2020年7月30日 (木) 19:53



    (出典 amd.c.yimg.jp)


    宮迫博之が語った闇営業からの1年「テレビに復帰したい」


    決めるのは誰???
    本人??
    私たち???

    1 ひかり ★ :2020/08/01(土) 20:55:54 ID:CAP_USER9.net

    「フライデーさんで、僕は人生変わっちゃってるんですよね」

    7月上旬、雨上がりの深夜0時頃、都内の自宅に帰ってきた宮迫博之(50)は、怒りを露(あらわ)にして記者をにらみつけた。

    今年1月にYouTubeチャンネルを開設した宮迫は、7月5日、約5ヵ月という異例の早さで登録者数100万人を突破した。本誌が闇営業を暴いてからの波乱の1年を振り返り、今何を思うのか。そう水を向けると宮迫は、気持ちを落ちつかせるようにフーッと息を吐き、直撃取材に応じた。

    ――100万人達成、すごいですね。

    「まあまあまあ、皆さんのおかげですから。周りのいろんな人がサポートしてくれて。目指してはいましたが達成できる確証はなかったんで、ホッとしてます」

    ――YouTubeを始めた当初は、テレビ復帰を諦(あきら)めたつもりはない、と言っていました。気持ちに変化は?

    「もちろん当初の気持ちのままです。相方の横に戻りたいし、テレビに戻りたいっていう思いにブレはないです。ですけど、自分がテレビの仕事だけをしていた時に思っていた世界と(YouTubeは)まるで違うし、難しい世界だっていうことに気づかされました。すごくやりがいのある場所ですね」

    ――100万人達成したことで蛍原(徹)さんからは連絡はきましたか。

    「会って話をしようって言っていましたが、その後にコロナがきちゃったので。100万人登録のイベントなどが落ち着いたら、こっちから連絡して時間を作ってもらおうと思っています」

    ――1年前、闇営業の直後と今を比べて、一番大きな変化はなんでしょうか。

    「当初や謹慎してる間は、正直人生のどん底……。辞めたいよりも死にたいぐらいまで気持ちが沈みました。今は少しずつ前に進んでいけるようになっている。あの時と比べると、前向きなことしか考えてないですね」

    ――今後の展望は。

    「それはもう、蛍原さんの横で一緒に仕事ができて、テレビに戻ることができて。いまだにYouTubeとテレビは相容れないという思いの方もいらっしゃいますから、(僕が)架け橋になれたらと」

    ――さんまさんとは話していますか。

    「電話でいろいろご報告はさせてもらっています。『お前ラッキーやったな。(コロナで)こっちの仕事がなくなってるわ』と冗談めかしておっしゃってました」

    ――YouTubeに関して吉本から何か言われたことはないですか。

    「一切ないですよ。今、契約解除されている状態なんで。落ち着いたら一度お話しさせていただきたいと思ってます」

    ――ロンブーの田村亮さんとは。

    「電話で何度か喋りました。こっちから(コラボについて)声かけようと思ってます」

    当初の様子から一転、約20分にわたり紳士的に直撃に答えた宮迫。取材の最後に「はっはっはっ」と笑い、自宅へと帰って行った表情は晴れやかだった。

    『FRIDAY』2020年7月31日・8月7日号より
    FRIDAYデジタル

    https://news.yahoo.co.jp/articles/89f04ee8a6862fbb782fcff7df1abea721d5021d


    【復帰!復帰!復帰!宮迫博之が語った闇営業からの1年これを決めるのは本人でしょうか私たちでしょうか??】の続きを読む


    マツコ・デラックス(1972年〈昭和47年〉10月26日 - )は、日本のコラムニスト、エッセイスト、ドラァグクイーン、女装タレント、司会者である。千葉県千葉市稲毛区出身。所属事務所はナチュラルエイト。血液型はA型。新聞のラテ欄やニュースサイトの見出し欄などでは、文字数制限の問題から「マツコDX」と表記されることがある。
    46キロバイト (5,556 語) - 2020年7月30日 (木) 17:40



    (出典 i.ytimg.com)


    マツコが猫を飼わない理由に共感の声 「こういう感覚大切、可愛いだけでは飼えない」


    こういう考え方は本当に大事

    1 muffin ★ :2020/08/01(土) 20:37:57.47 ID:CAP_USER9.net

    https://japan.techinsight.jp/2020/08/maki08010957.html
    2020.08.01

    マツコ・デラックスは自身が出演する宅急便のテレビCMで猫と暮らす光景が見られるものの、実際には猫を飼おうかどうしようかと迷っているようだ。
    7月31日放送のテレビ朝日系トークバラエティ番組『マツコ&有吉 かりそめ天国』で有吉弘行と植物を育てたり動物を飼うことの難しさについて話すなか、マツコが猫を飼いたいけどなかなか踏み切れないという葛藤を明かした。

    7月25日に放送された『マツコ会議』(日本テレビ系)は、自宅では何よりも猫の動画を見ている時間が長いというマツコ・デラックスがYouTubeで猫の動画を配信する飼い主とリモートで交流してご機嫌だった。

    31日放送の『かりそめ天国』では有吉弘行と「植物を枯らしてしまうことはあるが、動物を飼って*せてしまい相性が合わなかったでは済まない」といった話をするなか、猫が飼いたいというマツコが「ひとりにさせちゃうわけじゃん」と切り出した。それがネックとなって飼うか飼わないか葛藤して、自分のなかで「最後の攻防」を繰り広げているという。

    「猫は1匹でも大丈夫だよ」と経験者は言うが、それでもマツコは仕事や用事で出かけて一日のうち十数時間も猫だけにさせてしまう状況を想像すると「私が帰ってから猫と1~2時間ちょろちょろっと遊んで寝るだけじゃん、そのために飼っていいのかって…」と自問していた。

    マツコは毎日のように動画を見るので育て方の知識はあり、自分でシミュレーションしてみると「アタシの生活には落ち度がありすぎて(飼えない)」となるのだが、「可愛さだけだったら、とっくに飼っている」というのだ。

    そんなマツコの思いに、Twitter上では視聴者から「こういう感覚はほんまに大切、可愛いだけでは飼えない」、「マツコさんすごいよ…自分が猫とか飼っちゃいけない理由とかちゃんと考えていらっしゃる」、「私も本当に猫を迎えたいけど、私に飼われる猫は不幸なのではと思うととても飼えない…」などの反響があった。

    またマツコが「多頭飼育崩壊」(ペットを多数飼育した飼い主が、不妊去勢手術をしないなど無秩序な飼い方をして飼育困難になること)に触れて「最初は可愛いからと飼って、じゃあアタシがそれを防げるかとなると“でもやっぱり”があるのよね」と懸念したところ、「マツコありがとう。あなたみたいに人気者で発言力がある人が、こういうことを言ってくれるのは嬉しいです。あとは、どうか保護猫のことを話してほしい」という声も寄せられた。

    全文はソースをご覧ください


    【命を大切にしていると感じる!マツコが猫を飼わない理由に共感の声!!】の続きを読む

    このページのトップヘ